毒で洗うな 恐れるに足らないコロナ?

コロナで品薄が続いているアルコール消毒液の代わりに、家庭用の洗剤に含まれるアルキルグリコシドなど5種類の「界面活性剤」は、新型コロナウイルスを消毒する効果があることが確認されたということです。
ただし安全上の注意として、いずれも、手、指、皮膚の消毒には使わないよう求めているほか、スプレーボトルでの噴霧もしないよう求めています。
このような家庭用洗剤の合成界面活性剤は毒なのです。
台所洗剤の容器には野菜洗いに使っても良いと書かれたものもありますが、体内に合成界面活性剤を取り込むことは健康に良くありません。
殺菌消毒剤は、ばい菌ばかりではなく人間に必要な常在菌とか善玉菌まで殺菌してしまうのです。
私などは、合成界面活性剤入りの歯磨き剤でも嫌います。
排水を汚染し、分解しにくい合成界面活性剤は他の生物を絶滅させます。
ひいては、地球を汚染し、人間の食料である動植物を絶滅して食糧難になります。
将来の食糧難に備えて、昆虫の養殖の研究もされています。
いくら生きるためとはいえ、気持ちの悪い昆虫など食べたくありません。
犬や猫は地面に落ちたものを食べても平気ですが人間は食中毒に成るかも知れません。
少々のばい菌に鍛えられれば、病気にならなくて済むのですが人間は温室育ちのモヤシ人間です。
スポーツ選手でも鍛えられて強くなるのです、モヤシ人間より野生的でも健康な人が良いです。
今度のコロナでも、発症しない人もいます、ばい菌に鍛えられ免疫力を持った人間であれば、マスクもワクチンもいらない、恐れるに足らないウイルスかも知れません?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント